エラー古銭の魅力について

古銭には時代毎の特徴がデザインに盛り込まれていると言う魅力が在ります。
記念硬貨や普通に流通されている硬貨および紙幣を集めている人は多いかと思われますが、集め方の中でも多いのが発行年度毎に集めると言うケースが多く在ります。
例えば、5円玉と言うのは普段買い物などの時に利用する事が多い硬貨の一つですが、現在の5円玉は中央に穴が開いているのが特徴です。
しかし、この5円玉と言うのは昭和34年から発行が行われているもの、昭和24年から昭和33年までの間に発行されている2種類が在るのが特徴です。
二つを見比べれば違いは明確になりますが、何気に使っている場合には気が付かずに使っているケースが多く在ります。
因みに、昭和24年から昭和33年までの間に発行されていた5円玉は黄銅で、素材の割合は銅が60~70%、亜鉛が30~40%で、表面の図柄は稲穂、歯車、水などで、裏面には双葉、日本國、発行時の昭和の年号が描かれており、昭和34年からの現行品の5円玉は材質や表面の図柄や裏面の図柄は同一なのですが、文字書体が異なるのと、現行品は日本国、旧品は日本國と言った違いが在ります。
尚、買取りの中でも注目を集めているのがエラー銭と呼ばれているもので、5円玉のエラー銭には穴が開いていないものや穴位置がずれているものなどが在ります。
5円玉はお財布の中に何時も入っていると言うケースが多く在りますが、何気に使おうとした時に、普段の5円玉と違うと言う事に気が付くケースが在ります。
極稀な事であるため、気が付かずにそのまま使ってしまうと言う事も在るかと思われますが、これは製造時に何らかの原因で起きる特殊な硬貨や紙幣などであり、5円玉の場合は中央に開いているはずの穴が埋まっているもの、中央の穴位置がずれているもの、図柄の角度がずれているもの、刻印が上下左右にずれているものなど、よく見ると解るような不具合が在るのがエラー銭と呼ばれているもので、古銭買取りのお店などでは高額で買取りをしてくれるお店も多く在りますし、ネットオークションの中で出品されている場合など、多くの人々が興味を持つ事からも入札数が急増し、何百万円もの値段で落札されることも在ると言います。
エラー銭はマニアの間では希少価値が高いなどの理由からも、古銭買取りのお店やネットオークションなどでは高額で取引が行われるケースが多いと言う事です。
また、エラー銭と言うのは硬貨だけではなくお札にも存在しており、硬貨同様に価値を持つなどと言われており、詳しくはこちらからチェックをするのがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です