50銭の銀貨の特徴と買取りについて

50銭銀貨は大正時代に流通されていた銀貨の一つです。
銀貨には丁銀、分銀、朱銀をはじめ、補助銀貨、本位銀貨、記念銀貨と言った貨幣の総称でもあり、最古の貨幣と言われている無文銀銭や和同開珎銀銭、大平元寳なども銀貨に含まれています。
銀貨は明治に制定された貨幣法により1円銀貨が通用停止となり、1円という表記は在るものの、日本国内において銀の価値は無くなったため、銀地金扱いとなったと言われています。
尚、明治39年になると銀相場が上昇し始めた事により補助銀貨鋳潰しの可能性が出て来た事からも、銀含有量を約25%減らして製造が行われたと言われています。
大正時代に入ると第一次世界大戦により銀相場は高騰し、量目を減量したというた八咫烏の50銭と10銭銀貨が発行されたものの、銀相場が不安定で在り、流通は先送りとなりましたが、大正12年には流通されることなく鋳潰されたと言われています。
但し、50銭や10銭の銀貨は極僅かに現存しており、オークションや古銭商での買取りなどでは八咫烏銀貨の人気は高く、100万円前後の価格で取引が行われる事も珍しくないと言われており、古銭の中にはこうしたプレミアが付くものが多く在ります。銀貨の歴史の中には経済が大きく関与しているのが特徴で、銀相場が上昇することで量目を減量した10銭および50銭の八咫烏銀貨が発行されたものの、最終的には鋳潰され、大正11年に入ると、更に量目を減量した鳳凰の50銭銀貨が発行されました。
鳳凰銀貨は八咫烏銀貨とは異なり大量に発行され、広く流通したと言われていますが、この銀貨は昭和13年の臨時通過法公布を受け、全ての銀貨は姿を消すと言った銀貨の歴史が在ります。
50銭銀貨の中でも八咫烏銀貨は流通されることなく鋳潰されると言った特徴が在りますが、流通されていないものが現存しているというのも不思議な話だと感じる人も多いかと思われますが、正貨準備に繰り入れられていたことからも極僅かな50銭銀貨が現存していると言う事です。
買取りのお店などでは鑑定士による査定で取引価格が決められますが、鑑定士はこうした歴史にも詳しく、硬貨や紙幣などの価値を見出し買取りをして貰うことが出来ます。
家の中を整理していたら昔の硬貨や紙幣が出て来た、50銭硬貨が出て来たと言った場合、古銭商などのお店に持って行く事で鑑定士による査定を受ける事が出来ます。
尚、詳しくは「あなたの家の埋蔵金!?めざせ一画千金!」を参照して貰えると注目度が解ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です