元の穴位置がずれているエラー銭と古銭買取

古銭買取りのお店では、時代劇に出て来るような大判や小判、明治から大正にかけて流通されていた銀銭や古い時代に流通されていた古紙幣、中央に四角形の穴が開いている穴銭や絵銭、明治以前に流通されていた金貨や銀貨、元の穴位置からずれているエラー銭など、幅広い貨幣の買取りが可能になっています。
大判や小判と言うのは持っているだけでも価値が在る古銭の一つであり、大切に保管をしている人も多くいますし、故人が残した遺品の中に大判小判や在り、それを処分する目的で古銭商に買取りの依頼をすると言うケースも在ります。
尚、古銭商を選ぶ場合には古銭の価値と最大現に査定をしてくれるお店を選ぶ事が高額査定のコツでもあり、買取り実例などをチェックしておくことで大切にしていた古銭を高く売ることが出来ます。
また、元の穴位置がずれているエラー銭は買取りの中でも高く売ることが出来る古銭の一つでもあり、最近はインターネットオークションでエラー銭が出品されるケースも多く在りますが、こうしたエラー銭と言うのは人気が高い事からも多くのコレクターが入札をするため、入札価格が短時間で高額になるケースも多く在り、中には数百万円以上の価格で落札が行われることも在ります。
エラー銭には元の穴位置がずれてしまっているもの、穴が開いていないもの、刻印がずれているものなど色々な種類が在ります。
お金を作って流通させる際には、造幣局内での検査を行い、印刷の不良や刻印の不良、穴開けなどの加工不良と言った検査を行っていますが、何らかの理由で不良品となるお金が流出してしまう事で起きるもので、稀な事からも古銭買取りのお店などでは高価買取りが行われるケースが多く在ります。
元の穴位置がずれる事で50円玉等の場合は自動販売機で利用してもお釣りの取り出し口に戻って来てしまいますし、最近のスーパーのレジなどは小銭を挿入口に入れる事で自動計算を行うシステムになっているケースが多く、穴位置がずれているなど、エラー銭として弾き飛ばされてしまうので利用する事が出来ません。
銀行に持って行くことで両替も可能ではありますが、このようなエラー銭は古銭買取りを行っている古銭商に持ち込む事で希少性が高い事からも高く売ることが出来ると言うメリットが在ります。
もし、お財布の中に元の穴位置がずれているもの、穴が開いていない5円玉や50円玉、刻印が全体的にずれているなど、普通の硬貨や紙幣と異なるものが出てきた場合は、こちらのエラーコインを参照するのがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です