古銭買取りの豆知識、近代貨幣について

古銭買取りでは、銀貨や銅貨、金貨と言った古い時代に流通されていたお金を買取りするなど、お宝と言えるような貨幣の買取りを専門的に行っています。
また、古い時代のお金の中には秤量貨幣と呼ばれている天保丁銀、豆板銀、慶長丁銀と言った現代の貨幣とは全く異なる貨幣の買取りも行っているのが特徴です。
因みに、天保丁銀は1837年の天保8年の時代に流通が開始された貨幣で、長細い形をしているのが特徴です。
現代の貨幣とは全く異なる外観をしている事、素人が見ただけではお金と言う価値を持つものではないと言ったイメージを持たれる人も多いのですが、古銭に精通している鑑定士に見て貰う事で、天保丁銀の価値がどのくらいあるのかを知ることが出来るなど、古い時代の貨幣に対する知識を持つのが鑑定士の特徴でもあるのです、
また、古銭の買取りと言うのは近代貨幣なども対象であり、昭和初期頃に流通されていた1円硬貨、10円紙幣と言った比較的新しい時代の貨幣の買取りも行っていますし、近代貨幣と言うのは通貨単位が円のものもあれば、昭和初期頃まで利用されていた銭や厘と言った通貨単位の貨幣なども含まれており、中には希少性が高いものなどは高額での買取りが行われる事も少なく在りません。現在流通されている貨幣の中には希少価値が高いものがあり、発行枚数が少ないものなどは古銭買取りの専門店で高く売れることが在ります。
また、現在流通されている硬貨や紙幣が登場する以前に流通されていた5円硬貨や50円硬貨、100円硬貨、千円紙幣、5千円紙幣、1万円紙幣、そして現在では流通されていない100円札や500円札と言った近代貨幣においても古銭買取りのお店に持ち込むことが高く売れることが在ります。
紙幣には製造番号と呼ばれている数字が記載されていますが、この数字が全て同一のぞろ目になっているものなどは近代貨幣や古銭などをコレクションするマニアの間で人気が高く、専門店に持ち込むことで高く売れる事も在ります。
硬貨にはこのような製造番号が記されていませんが、10円硬貨の中には外周部分にギザギザ模様が施されているもの、そして昭和26年や昭和30年に発行された10円硬貨と言うのは発行枚数が少ない事からもプレミアが付いているなどの特徴を持つ近代貨幣も在ります。
また、現在の5円硬貨と言うのは昭和34年からの発行になっているもので、これ以前の5円硬貨には穴開きと穴無しの2つが在り、買取り店の中では高く売ることが出来る年代の硬貨も在るなど、詳しくはこちらの高価買取りを参照してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です