500円玉を古銭買取りに出すと幾らで売れるのか

普段何気に使っている500円玉と言うのは2つの種類が在るのをご存知でしょうか。
2つの種類と言っても、どちらも500円と言う価値を持つものであり、知らずに2種類の硬貨を使い続けている人も多いかと思われますが、500円硬貨が登場したのは昭和57年になります。
この時に発行された500円硬貨の枚数は3億万枚で、表面には桐が描かれ、裏面には竹と橘が図案として採用されています。
この図案は平成12年に発行された500円玉と同じ図案になりますが、2つを比べると図案に違いが在る事が解ります。
因みに、最初に発行された500円硬貨と言うのは白銅が素材であり、銅が75%、ニッケルが25%の割合で製造が行われているもので、2000年から発行された500円硬貨はニッケル黄銅が素材であり、銅が72%、亜鉛が20%、ニッケルが8%と言った具合に材質が異なるのが特徴です。
尚、古銭買取りと言うのは古い時代の貨幣を買取りする専門のお店では在るのですが、最近のお金の買取りを行う事も在るのが特徴です。
例えば、500円玉の中でも昭和62年に発行されたものは、発行枚数が極端に少ない事からも額面以上の価値を持つと言われているのです。500円玉には普段使用しているものと、何らかの記念を祝し発行された500円記念硬貨と言う2つの種類が在ります。
どちらも500円と言う額面としての価値が在り、お店で利用する事は可能です。
但し、記念硬貨と言うのは普段馴染みが薄いため、お店で記念硬貨を差し出すと偽物なのではないかと言った具合に、スムーズに会計が行う事が出来ない事が在りますし、自動販売機などで利用した場合にはお釣りが出てくるところに戻って来てしまうと言った特徴が在ります。
普段利用している500円玉は昭和57年から平成11年までの前期のものと、平成12年以降の現行品の2種類が在り、昭和62年に発行された500円硬貨の発行枚数は2,775,000枚と言われており、発行数が少ないため、古銭買取りのお店では3倍近い額面で取引が行われるとも言われており、古い時代のお金だけではなく、比較的新しい貨幣についても古銭買取りの専門店で買取りをして貰う事が出来ると言った特徴が在ります。
尚、500円玉の記念硬貨については、「500円玉の記念硬貨です、それぞれどのくらい」を参照して貰う事でそれぞれの500円硬貨の価値と言うものを知ることが出来るようになるのでお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です